Monthly Archives: 10月 2013

ウエディングプロデュースとは

フリーランスのウエディングプランナーというものにまだまだ馴染みがない長崎。
ホテルや式場に行けば無料で担当してくれるプランナーさんがいるのに
わざわざ他にプランナーを手配することがあるの?と、
わたしの仕事を聞き、驚く方は多いです。

また、興味はあるけれど、 なにを頼めばどういうことをしてもらえるのか、
もっと詳しく知りたいというお声を頂くことも。

そこで、フリープランナーの仕事内容を、わかりやすくまとめてみました。
いつになく真面目なブログですっ。

写真 2010-12-06 6 42 07

会場所属のプランナーとの違いは?

会場所属のプランナーとフリーのプランナーは、似て非なるものだとおもっています。

どちらもきっと、お客さまに対し親身になり、心を込めて働いているのは同じです。
わたしも、会場勤めのときだって真剣にお客さまと向き合っていました。
それでも会場にいるとどうしても「件数」や「売上」に追われます。
また「うちではこの金額です、この内容です、この業者です」と、一方的に提示する事しかできず
あくまでも「自社商品の中で結婚式を作り上げる」という作業になってしまいます。

フリーのプランナーは、おふたり専属のプランナーです。
会場に所属しない分、おふたりへの提案内容に制限がありません。

公正な立場で「ふたりにとってベストな結婚式とは?」を一緒に考え、
だったらこの会場がいいのでは?このスタッフがいいのでは?この演出がいいのでは?と
ふたりのコンセプトをベースに、ゼロからすべてを組み立てることができるんです。

プロデュース料とは?

お金の面に関して、お客さまには必ず正直にお話しをしています。
わたしはじぶんの仕事に「プロデュース料」という金額をいただいています。
(初回のご相談は無料です。)

美容師が髪を切る、カメラマンが写真を撮る、デザイナーが印刷物を作る・・・
それらのお仕事って、たとえば、お金をもらわなくても腕ひとつでできることです。
でもそれは「お金を払う価値がある技術」だからこそ、仕事として成り立っていますよね。

プランナーの、プランニングという仕事も同じだとおもうんです。
「結婚式を申し込んでくれたらサービスでついてくる手配業務」ではなく、
わたしはわたしのプランナーとしての仕事自体を、ひとつの技術としてお客さまに購入していただいています。
そして正面切ってお金をいただくからこそ、責任感を持ってお仕事をしています。

またプランニング料という正規の金額をいただくので、裏でのお金の取引が不要なんです。
「これを売って利益を得よう」とか「この会場ならマージンが入るから」とか
そういう利害関係なしに、本当にふたりのためになるものだけをご提案できます。

どんな依頼をできるの?

フリーのプランナーって、実はとっても使い勝手のいい存在なんです。
部分的な依頼や、結婚式にまつわる困りごと、たいていのことはお引き受けできます。

結婚記念写真を、写真館のパックプランなどではなく
質のいい衣装、美容師さん、カメラマンで本格的に撮って残したいとき。

ご友人やお身内の方へ、記念となるウエディングパーティをプレゼントしたいとき。

神社での挙式→料亭での披露宴をじぶんたちで手配したけれど、
当日の時間配分や進行の仕切り役などを、誰かにお願いしたいとき。

ふだん結婚式を行っていない場所でのパーティをするけれど、
料理や衣装など、結婚式に必要なものをどう手配していいかわからないとき。

もう会場は申し込んだものの、会場の担当プランナーさんに
じぶんたちがやりたいことをうまく伝えられないときや、意思の疎通が取れないとき。
(セカンドオピニオン的な存在としてアドバイスをしたり、打ち合わせに同席します。)

でもいちばんのおすすめは、会場探しから当日の進行まで
結婚式にまつわるすべてをお任せいただく、トータルプロデュースです。

トータルプロデュースの流れとは? 

①カウンセリング
ふたりの結婚式に関するお考えやご不安をお伺いします。
はじめから「絶対にこう!」と確固としたお考えをお持ちの方はほとんどいません。
会話をする中で「こんな結婚式を望んでいたんだ」と気付いてもらえるような対話を心がけています。

その後、お申込みのタイミングはそれぞれです。
初めてお会いしたその日にお申込書にサインをしてくださる方、
カウンセリング後、何度かやりとりを重ねて不安をなくしてからご決定くださる方。
ふたりが「お願いしよう!」と思ったタイミングで、正式に準備がスタートします。

②プランニング 
写真 2013-03-20 11 49 33
新郎新婦さまとの打ち合わせで、いちばん大切なところです。

結婚式の意味、伝えたいもの、大切にしたいもの。
そういった内面的な部分から、それをどうしたら表現できるかというビジュアル面まで、
おふたりとしっかりと対話を重ね、ご納得いただけるまで何度もプレゼンを行います。
わたしはこの作業をコンセプトメイクと呼んでいます。
結婚式のすべての核となる「企画書作り」です。

コンセプトメイクが終わったら、イメージ合う会場をピックアップし、一緒に巡ります。
普段から結婚式をしている施設はもちろん、 結婚式は初となる場所でもどんどん開拓して、
おふたりらしい結婚式ができる場所を探します。

ここが最も、会場所属のプランナーと異なる部分だとおもいます。

③ディレクション
写真 2013-05-16 16 50 57
写真 2013-07-14 11 32 48
日時・場所が決まったら、コンセプトに沿って具体的な準備のスタートです。
打ち合わせ回数は、期間にもよりますが少ない方でも3回ほど、
本番が近付くと毎週末のようにお会いすることも。

手配する内容は、きっと一般的なホテルウエディングとほぼ同じです。
ただ、そこに「決められた中から選ぶだけ」という作業はほとんどありません。
だって、ふたりが表現したいものが必ずカタログの中にあるなんてとても思えないからです。
会場装飾、ペーパーアイテム、衣装、ヘアメイク、写真、ギフト、料理メニューまで
ふたりに合わせてアイディアを出し合い、それぞれの専門家を交えふたりらしく作り上げます。

④結婚式当日
写真 2013-07-15 12 38 54
写真 2013-07-14 11 41 42
写真 2013-07-14 13 41 07
これまでの準備期間の集大成となる特別な1日。
おふたりの側に付き添い、スタッフと連携を取りながら
会場設営、ゲストの誘導、進行の時間配分、すべての総指揮をとります。

ここまでの道のりは、きっと、指揮をとるひとの采配ですべてが変わってくるとおもうんです。

たとえば家を建てるとき。
基礎工事、内装、外構、それぞれの専門家がいます。
でも、設計士が違えば、同じ専門家を使ってもできあがるものはきっと全く違うはず。

結婚式も同じです。
会場、美容師、カメラマン、フローリストなどが同じでも、
だれがプランナーとして指揮をとるかでできあがるものはがらりと変わります。
自己表現をとても大切にする欧米などでは、結婚が決まるとまずは
感覚を共有できるプランナー探しから始めるのも、きっとこういった理由からなんでしょうね。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

フリープランナーって、こういうことをしています。
こういう気持ちで、こういう内容で、こういうお金をいただいています。

理解していただくのって、最初はきっととても難しい。
わたしに依頼するという手間・出費を蛇足だとおもうひとだって、きっといるはず。
でもその中で、わたしの仕事に興味を持ち、
話を聞いてみたいとおもう方がいれば とてもうれしいことだとおもいますし、
その後、ご縁がありお手伝いできることになれば、精いっぱいのサポートをさせていただきます。

伝わるのでしょうか。
長いわりに、とっても拙い文章になってしまいました。
言葉にしたいことはたくさんあるのですが、文字におこすと少し温度が変わってしまうんです。

もしもご興味を持ってくださる方がいれば、ぜひいちどお話しをしましょう!
どうぞお気軽に、お問い合わせください。
文字だけではなく、温度のある言葉で、
結婚式についてお話しをさせていただければとおもいます。

Posted in nina mariage