うれしいこと



さいきんのうれしかったこと。

前撮りのアルバムを受け取った新郎新婦さまが
とても心のこもった 手書きのお手紙を送ってきてくださったこと。

来年の初夏に結婚式を挙げる新郎新婦さまが
夫婦そろって ウエディングプランナー経験者で、
この仕事をよく知るふたりから「あなたに」と選んでもらえたこと。

春にフォトのお手伝いをする花嫁さまから
『たった今 正式にプロポーズされました!』と
その向こうに嬉し涙が見えるようなメールが届いたこと。
しかもいちばん最初に報告したのが、わたしだってこと。

ほかにもたくさんの身に余るようなことばかり。
日々、いろんなうれしい気持ちをいただいています。


振り返れば この秋は
8組さまのウエディングフォトをお手伝いしたのですが
長崎在住の方だけではなく  大分、熊本、大阪、神奈川、東京と
いろんな地域にお住いの新郎新婦さまと出会いました。

きっとそれぞれが暮らす街にも素敵なフォトスタジオはあったはず。
それでも「長崎でフォトを撮ろう!」そうおもった背景に
わたしの ニーナの存在があったのかなあとおもうと
お恥ずかしながら 誇らしいし 感慨深い夜。

「結婚をする」

それはそれだけでもう十分すぎるほど素敵なことだけど
そのうれしい気持ちを もう少しだけ特別なものにしてあげられる
そんな存在に、なれたらいいなぁとおもっています。

Posted in private diary