31才の抱負

写真 2016-02-08 0 56 50
31才に、なりました。
もう何度か書いているのでけっこう知られてますが
nina mariage のニーナは、お誕生日の2月7日という意味です。
そうでしょ?単純すぎるでしょ?

「もっとお洒落な意味があるとおもってた!」
と言われがちなんですが、そんなこと全然なくて。
実はわたし自身はそんなに物事へのこだわりとかないんです。

そのいい例が、わたし、イベントとかを一度もしたことないんです。
ウエディングフェアとか、フォトギャラリーとか、展示会とか
ウエディング関連のイベントは同業者の間でもよく行われているのですが
(してみたい思いはあっても)わたしはどうしてもうまく企画できなくて。
「目の前にお客さまがいて何かを望んでいる状態」以外では
ウエディングプランナーとしてうまく起動しないみたいなんです。

わたし自身が「こんなことしてみたい」というのがあんまりなくて
お客さまの「こんなことしてみたい」を聞いたときに
アイディアやプランが、わーーーーっと湧き出てくる。
・・・という話をプランナー仲間にしたとき
「根っからのプランナーなんだね」と言われ、なんだか納得。

とはいえ本当はね、してみたいんです。笑
わたしの想いとか考えを聞いて欲しいのはもちろん
結婚式って素敵なものだよ、っていろんなひとに伝えたいから。
そこで仕事の合間にイメージをぼんやりと考えているものの
うーん、まとまらず、実現できるのはいつになることやら。
どうにか31才のうちに…とはおもっています。
31才の抱負、でした。

立派な大人にはなれなかったけど
愛される大人にはなれたかな、とおもいます。
幸福感いっぱいの中で生きています。

nina mariage Instagram→

Posted in private diary