晴ちゃんに会いに

ウエディングプランナーになりたての頃。
先輩が担当したお客さまが、先輩の名前から1文字とってお子さんを名づけたことを聞いて、
すごい!そんなことがあるんだ!と感動していました。

それから4年間、愛情をもって仕事をしてきました。
真摯に働いていたら、じぶんの身にもそんな奇跡が起こるものです。

写真 2013-01-08 18 15 13

美晴(よしはる)くん。
晴(はる)ちゃん。
晴喜(はるのぶ)くん。
晴仁(はると)くん。

これまでに4人ものお子さまが、
わたしの名前(が持つ意味合いも含め)が由来となりました。

「美晴さんから晴の字をいただいていいですか?」
そうご連絡をいただいたときの感動は、言葉では言い表せません。
お名前という、いちばん最初のいちばん大切な贈りものに
わたしの存在がすこしでも影響をしたのなら、本当に奇跡的なことだと感じます。

写真 2013-06-26 17 25 54
先週は、1才になった晴ちゃんに会いに。
プレゼントの、木のおもちゃを渡してきました。

結婚式が終わりお見送りのとき、にこにこしながら
「赤ちゃんの名前、決まりました。生まれるまでは内緒です!」と言っていたふたり。
それから数か月後、メールで晴ちゃんの写真とお名前が届きました。
それ以来、晴ちゃんに会いたくて会いたくて。

実際に会うと、それはもう可愛いんです。
人見知り真っ盛り、抱っこしたらイヤイヤされてもなんのその、可愛くてたまりません。
そしてなにより、あのころは素敵なカップルだったふたりが
素敵な夫婦、そして家族になっている姿を見て、とても幸せな気分になりました。

それぞれ生まれたときは別々。
そんなふたりが「夫婦」として一緒になる瞬間に立ち会う存在。
ウエディングプランナーって、わたしにとってはこれ以上はない、本当に素晴らしい仕事です。

Posted in private diary