カラーコーディネート

コンセプトシート。
ふたりが「なんのために、だれのために、どんなふうに」結婚式をするのか
それをしっかりと話し合い、目に見えるかたちでわたしがお作りしているものです。

テーマやキーワード、ウエディングアイディア、 そしてテーマカラーを載せているのですが・・・
色って、考えるのがとっても楽しい反面、とても難しい部分でもあります。

たとえば同じ「ナチュラル」をテーマにしたお客さまでも
という、ぱっと華やかな色味で草花などを表現するか
  という、ニュアンスカラーでオーガニックな自然を表現するかによって
できあがる会場コーディネートや連想するアイテムはまったく変わるのですから。

これから紹介するのは、どれも実際のウエディング用に作ったコンセプトシートです。

写真 2013-11-30 15 46 31
■ 
2014年トップバッターとなるウエディングは、 メイン席がテント&ベンチ!
おふたりの大好きなキャンプをテーマにコーディネートします。
内装がウッド調で統一されたレストランには、モスグリーンと深みのあるオレンジが相性抜群。

写真 2013-11-30 15 43 55
 ■
こちらは来年春のレストランウエディング。
まだまだ打ち合わせはこれからですが、センスのいいおふたりが 選んだのは、
ネイビー×ショッキングピンクという都会的な組み合わせ。
白がベースのシンプルなレストランだからこそ、こんな個性的なカラーリングも引き立ちます。

写真 2013-11-30 15 47 55

同じく春、 グラバー園での挙式&大切な家族に囲まれるパーティは
新婦さまが大好きな北欧テイストを取り入れた、さわやかなマカロンカラ―をチョイス。
この3色で「草花、青空、小鳥」に囲まれたナチュラルな雰囲気を演出します。

写真 2013-11-30 15 51 00
 
夜の部、夕暮れからスタートのパーティは新郎さまが好きな“カフェ”をテーマに。
ブラウンやアイボリーという落ち着いた色味には、キャンドルの光が映えるはず。
単調にならないように選んだポイントカラーは深めの紫、とってもお洒落な組み合わせです。

どのテーマカラーも、お客さまの表現したい想いに寄り添ったもの。
これをベースに、ドレスやお花、ペーパーアイテム、クロス、小物などを
一緒にひとつひとつ大切に決めていきます。

真ん中に軸がないと、それぞれを単なる好みだけで決めてしまい
最終的にすべて集まった時に、ちぐはぐになってしまうこともあるのです。

それにしても色って奥深い。
まだまだ勉強することはたくさん、です。

Posted in wedding diary