持ち込み料のこと

いろんなニュースがあります。
ウエディングにまつわる話って、なんで悪いことが多いのかなあ。
わたしは結婚式がすごくすごく好きなんだけど
なぜか批評の対象になりがちなことが不思議でたまりません。
(結婚式=悪とか、あこぎな商売とか。)
大部分の人はきれいな気持ちで、一生懸命お仕事しているとおもうんだけどなあ。

語ろうとおもえばいろんなことを語れるけど
その中できょうは持ち込み料のことについて、すこしだけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よく「持ち込み料に納得がいかないんです!」という相談をうけます。

なんとなく、フリーランスのプランナーって
持ち込み料という考え方に否定的な存在という印象があるんでしょうね。
でもわたしは「ちゃんと払ってあげてくださいね」と、言います。
そして、どうして払うべきか?きちんとお教えしています。

式場とかホテルって、カフェとかレストランに比べて
敷地は広大だし、建物の規模も大きいし、最新の設備がありますよね。
維持費やそれを支える人件費など、きっと運営には莫大なお金がかかるでしょう。
皆さんが結婚式をしようとしている場所を維持するためには、たくさんのお金が必要なんです。

その上で、結婚式は(こんな言い方したくないけど)ひとつの商売です。
新郎新婦がなにかを持ち込む=会場の売り上げが減る、ということなんです。

みなさんが購入しているお洋服だって、本だって、
もちろん飲食店の食べ物だって、原価があれば販売価格があります。
商売ですから当然のことで、それは結婚式場だって同じなんです。
じぶんのところの商品を買ってくれないと困ります。

たとえば・・・
「ここの料理は食べないけど、この場所で食事がしたい!」と言って
レストランで自宅から持ってきたお弁当を食べる人がいたら困りますよね。
そんなお客さんばかりだったらそのレストランはすぐに潰れてしまいます。

「ここのものは使わないけど、ここで結婚式したい!」
「持ち込み料も払わないけど、ここで結婚式したい!」
というのは、 極端に言うとそれとおなじことなのです。
それだけ支払わないと維持できないくらい豪華なところで
結婚式をしようとしているのは、まぎれもなく新郎新婦ご本人たちなんです。

・・・と、ここまで説明しましたが。
「納得がいかないんです」というお客さまも
本当に払いたくないわけじゃないってゆうのも、わかっています。

ただきちんと真摯な説明を受けて、納得して払いたいんですよね。
その証拠に、わたしが上記の説明をすると
みんな素直に持ち込み料への考え方を変えてくれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまで否定的ではないことを前提に話してきましたが
別にわたし、持ち込み料に対して肯定的なわけでもないです。

ふたりの結婚式なんだから、
ふたりの好きなひとやものを使って当然。
そこに料金を支払っていただこうとはおもいません。
だからわたしは、持ち込み料をいただかなくても利益を確保できる働き方をしています。
(またはそういう式場を、場所としてお借りしています。)

ただそれは、わたしひとり生きていくのと
結婚式場という大きな規模のものを動かすのとでは、話が全く違うというだけ。

じゃあ、持ち込み料をいただかなくては
維持できないような豪華な会場はどうしたらいいか?というと
持ち込ませたくない=そうだ!利益分のお金をいただこう!ではなく
「持ち込みが起こらないだけのクオリティのものを揃える」
「あなたがオススメするならそれで!と言ってもらえる信頼関係を築く」
そういう努力をすると、もっとみんなが気持ちよくなるのかなっておもいます。

好きな人やものが、好きな会場にそろっていたら完璧じゃないですか。
すっごくシンプルなことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁー書いたぞー。
これから数日間は、内心ドキドキです。笑

わたしは結婚式が好きです。
みんなにも好きになってほしいです。
だから、こんなこともときどき書かないといけないんです(謎の使命感

これを見て眉をしかめるひともいれば、
なるほどねと前向きにとらえてくれる人もいるかもしれない。
いろんなニュースがあるけど、全部が全部、悪じゃないんだよーって伝えたい。
悪いニュースを引き合いに出して「だからフリープランナーに頼もう!」も違うとおもう。

でも結局、日本のはしっこでこっそりとプランナーをしているわたしには
できることなんてほとんどないし、発言したところで誰が見るわけでもないけれど
届く人のところに届いてほしいなぁっておもいます。

そしてわたしは目の前にいるお客さまに、できることをしていくだけです。

Posted in wedding diary