結婚式までの道程


遅ればせながら すこしご報告。

9月22日「結婚式ってなんだろう?」。
当日は約30名の方がお集まりくださいまして
緊張しながらも、2時間心を込めてお話しをしました。

わたしの想いをわかって!とか
結婚式について正解を教えるよ!とか、そういうことではなく
ただただ結婚式について、わたしの知っていることやおもうことを話しました。
来てくださる方はきっと結婚式に漠然とした不安や疑問を持っている方。
それらを解消するようなヒントになればいいなとおもって。

話しながら「あれもこれも」と欲張ったわりに
終わってからは「これ言い忘れてた…」と反省点はいっぱい。

ですが、その日の夜、次の日の夜と
参加してくださった方々から次々にご連絡をいただきました。
わたしがうまく言葉にできなかったことまで汲み取ってくださっていて。
それはきっと、わたしの言葉をきっかけにして
その人なりにじぶんの中に想いを見つけたからだとおもいます。

/////////////////////////////////

今の結婚式文化が重要視している部分は
もっとシンプルで 人間くささがあっていいとおもっています。
(例えばお料理や演出の豪華さとか ミスのないオペレーションとか。)

今の結婚式文化が無視している部分は
もっと本質的で、知っていただくべきことだとおもってます。
(結婚式の歴史や宗教との関わり 結婚式という日の意味合いとか。)

わたしのおもう結婚式は 今の結婚式文化とそう離れたものではないけど
そこに至るまでの道程がきっと少しだけ違うんだろうなあ。

もちろんそれが正解とは言えないけど
そういう考え方がもしも誰かの救いになったり 役に立つなら
プランナーとして頑張る糧にもなるというものです。

Posted in wedding diary