モスグリーン×アプリコットオレンジ

秋冬の万能色・モスグリーンのフラッグを、 11月のレストランウエディング用に作成中。
もう少し柄があるものを入れてもかわいいかも?
淡いグリーンも使ったほうがいいかも?

・・・ということでさっそく今日は
生地屋さんを2件まわり、合計3時間もぐるぐるといろんな生地を物色しました。

写真 2013-10-03 19 08 34
地味にならないように…でも子どもっぽくないものを…
悩みに悩んで、テーマカラーの淡い水玉模様を2色と
お客さまのウエディングイメージに合うダマスク柄風の布を、プラス。

写真 2013-10-04 16 13 25
写真 2013-10-05 0 21 36
ついでに立ち寄ったお花屋さんで、あじさいのドライフラワーも購入。
自宅にあったバスケットに無造作にさすだけで、まぁ可愛いこと!
これもまた、お客さまのウエディングイメージにぴったりです。

結婚式のこと、お客さまのことを考えながらのお買いものは、とても楽しいです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ホテルでプランナーをしていたころに比べて、
お手伝いさせていただいている結婚式の数は、もちろんまだまだ少ないです。
だけど、ひとつの結婚式にかける時間や手間は、ずっと増えたような気がします。
「スケジュールはこれです、挨拶は誰にしますか?演出はどれがいいですか?」ではなく
「さぁ、おふたりの結婚式です!なにをしましょうか?」から、準備をスタートするからでしょうね。

結婚式をするカップル全てにとって
わたしが最善のプランナーだとは、もちろん思っていません。
それぞれのホテルや会場も、それぞれに魅力をたくさん持っているのですから。

だけど、もしも、ここ長崎で
「結婚式はしたいけど、既存のホテルウエディングには魅力を感じない。」
「もっとカジュアルな結婚式がしたい、できないなら結婚式自体したくない。」と思い
結婚式というとても素敵な時間を、素敵な空間を、諦めてしまっているカップルがいるなら
「こんな結婚式もあるよ、こんな考え方もあるよ」と、まずは声をかけたいんです。
ほかの選択肢を知ることのないまま終わってほしくないんです。

わたしにも、これからどんなことができるかまだまだ未知数です。
長崎のウエディングがもっとおもしろくなるように。
選択肢のひとつとして認めてもらえるように。
その気持ちで、今は日々を重ねていくばかりです。

Posted in wedding diary