スモールラグジュアリーホテル

日常生活で、接客してくれる人を選ぶのってとても大切ですよね。

例えば美容室やお洋服屋さんでは、技術や商品の質はもちろん
スタッフのセンスや人柄に魅力を感じてお店に通うことも多いとおもいます。

なのに、一生に一度のとっても大切な結婚式を任せるプランナーは
会場に申し込んだ時点で自動的に決まってしまうなんて、不思議だとおもいませんか?
新郎新婦が主役とは言え、ふたりにとって結婚式は「初めて」だらけ。
担当してくれるプランナーとセンスや価値観が合わなければ
ふたりにどんな理想があっても、うまくかたちにしてもらえません。

(実際にこのお悩みでわたしにご連絡くださるお客さまが増えています。)

逆に、本当に信頼できるひとを選んで
「ふたりの結婚式の本質」さえきちんと伝えたら
あとはプロにぽーんと預けて、本当にこだわるべきところにだけお金と時間をかけれるんです。

というのを大前提として。

写真 2013-08-02 16 03 24
7月27日、日曜日。
雲仙観光ホテル様のブライダルフェアで
フリーのウエディングプランナーとしてお話しをさせていただきます。
会場の魅力を宣伝するのではなく、結婚式ってどういうもの?ということに関して。

ちょっとリアルなお話しですが、
会場に専属のウエディングプランナーがいる会場の場合
少しでも多く利益を得るために、ほぼ必ず自社でお客さまを獲得しようとします。

そんな中、外注となる「フリーランスのウエディングプランナー」を
選択肢のひとつとしてお客さまに表立ってご紹介してくださる会場は、とっても稀です!

もちろんその中でわたしの存在に価値を感じてくださるかはお客さま次第。
でも大切なのは、わたしの目先の仕事が増えるかどうかではなく
お客さまにとって「結婚式」を作り上げる選択肢の幅が少しでも広がること。
フリーのプランナーという選択肢があることを、少しでも多くの方に知っていただくこと。

どんなが出会いがあるか、今からたのしみです。

写真 2013-08-02 16 00 21
写真 2013-08-02 16 01 42
写真 2013-08-02 16 42 04
わたしがプライベートで宿泊したときの写真をご紹介。

スイスシャレー様式を取り入れた、山小屋風の外観。
ウィリアム・モリスの壁紙をあしらっていて
館内の調度品や照明、木材などにもひとつひとつこだわりが感じられます。

写真 2013-08-02 16 03 45
写真 2013-08-02 16 00 53
写真 2013-08-02 16 01 14
滞在中には温泉はもちろん、ビリヤードや読書も楽しめます。
そして天井が高く重厚感のあるダイニングでのおいしいディナー。

とってもお洒落で、重厚感のある佇まい。
こちらでのウエディングには、華美さや豪華さはきっと必要ありません。

「わたしたちは、結婚できてとってもうれしいんです。」
その気持ちをシンプルに伝えて、みんなで美味しいお食事をいただく。
それだけでも十分に魅力的な結婚式になる会場です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドとは?

世界70カ国以上にある500軒を超える、
独立系の小規模かつ高級なホテルで構成されたホテルブランドです。
最先端のデザインホテルから古城ホテル、また都心の隠れ家ホテル、
プライベートアイランドのリゾート、歴史の香り漂うカントリーハウスなど、
世界中の個性豊かなホテルが多彩に登録されています。
現在、日本でスモール・ラグジュアリー・ホテルとして認められているのは、
雲仙観光ホテルを含む8施設のみ、です。

Posted in wedding diary