Natural Dress

写真 2012-03-02 14 25 32
わたしがお手伝いさせていただく花嫁さまは、とってもナチュラル志向です。
パーティ全体のイメージはもちろん、結婚式を彩る衣装もそう。

お姫さまのようなキラキラのドレスよりも
肌に触れたときに気持ち良い素材が使われていたり
裾や袖にあしらわれているレースがクラシカルで上品だったり
ワンピースの延長のようにさりげなく着られたりするものを好まれます。

そこでわたしがいつもご案内しているところは、
ヨーロッパ製のインポートドレスをメインにしているドレスサロンです。

レンタルドレスというと耐久性重視!な素材が多い中
オーガンジーやチュール、そしてとろみ感のあるシフォンジョーゼットや
繊細すぎてレンタルではほとんど扱われないガーゼ素材のドレスまであるんです。
刺繍やビージング、使われているレースなど、ひとつひとつが繊細で丁寧なものばかり。

そしてアクセサリーやヘッドドレスはほとんどがドレスに合わせたハンドメイドなんです!

写真 2014-04-18 16 04 12
クラシカルなヘッドドレスやネックレス。
きらきら輝くパールも素敵だけど、コットンパールもドレスと相性ぴったり。

写真 2014-04-18 16 04 38
同じくレースを使ったヘッドドレスでも
レースの形や素材が違えば一気にガーリーな印象に。

写真 2014-04-18 16 05 31
こちらはナチュラルが好きな方向け、木の実のリース。
ダウンスタイルにちょこんと乗せるととってもかわいいんです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

衣装合わせのときの花嫁さまはとても幸せそうで、
それを見て新郎さまもにっこり、さらにそれを見てわたしまでうれしくなります。

だけど一転!
わたしとの、ゲストの席決めやスケジュールの調整など細かい打ち合わせになると
「結婚式準備ってこんなに大変だったんですね・・・!」と、一気に現実へ引き戻されます。

外国のパーティのようにすべてをラフにできたらいいのだけど
日本には日本が築いてきた結婚式のかたちがあって
日本人ならではの勤勉さで「結婚式を楽しくする仕組み」として熟考されたものだから、
すべてを否定せずに、いいところはこのまま取り入れて、お客さまにご提案していきたいんです。

例えばビュッフェ形式のパーティ。
パーティ慣れしている方なら立食のまま音楽に合わせて自由に楽しめても
年配の方や雰囲気に不慣れな方はきっと、きちんとじぶんの席で食べれた方がリラックスできますよね。
そうすると、配席やテーブルコーディネートという決め事が自ずと必要になります。

そして「じゃあ、次回までにこれを決めて来てくださいね♡」という現実へ。

というわけで。
残念ながらわたしとの面倒な打ち合わせは避けて通れませんので
その分、楽しい楽しいドレス&タキシード選びを存分に満喫してくださいね、みなさま!

Posted in wedding diary