「結婚式をしたくないんです」

1238720_552611618164345_236097712_n
わたしのが仕事のはなしをすると、聞いた方たちから
どのカップルもアイディアがたくさんあってすごいね、と言っていただきます。
我ながら本当にお客さまに恵まれて、いろんなスタイルの
結婚式をプロデュースさせてもらっているなあと感謝の気持ちでいっぱいです。

でも実は、わたしのところへご相談にいらっしゃる新郎新婦さまたち、
たいてい「本当は結婚式をしたくないんです。」が第一声なんです。

一見、結婚式に対して熱意も希望もないように感じるこの言葉。
でもわたしは、この言葉を口にする新郎新婦さまほど
結婚式のことを真剣に考えているふたりだとおもいます。

なぜなら、何度も言っているように、既存の結婚式だってすごく素敵なんです。
チャペル挙式、ケーキカット、キャンドルの演出、お色直し。
定番には定番になるだけの魅力があります。
だからこそ、結婚が決まれば
みんな幸せそうに結婚式を申し込みに行くんでしょう。

その中で「結婚式をしたくない!」
そう思うってことは、その「定番」に疑問を持ったり
じぶんたちには合わないから結婚式はしなくていい、と考えているから。
その考えに至るほど、じぶんたちにとって結婚式とは何か
しっかりと考えている方たちだとおもうんです。

はじめの言葉の真意はきっと
「本当は(したいけど、意味のない)結婚式をしたくないんです。」なんです。
だからきっと、わたしのところへいらしてくださるんでしょう。
他の方法を考えてくれるのでは?そう期待を込めて。

「では、ふたりにとっての結婚式の意味を一緒に見つけていきましょう。」

そう言葉をかけると、
みなさんほっとした表情で
「実はこんなのに憧れているんです。」
「こんなことがしたくて、でもできないとおもってた。」
さっきまで「したくない!」と言っていたのが嘘のように、
本当は夢も希望も、ゲストのためにしてあげたいことも、たくさんお持ちなんです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

わたしはプランナーとして特に優れているわけではありません。
資格はなにひとつ持っていないし、実務経験もまだまだ浅いほうです。

センスだってわたしよりよっぽどある人はたくさんいて
この人がプランナーだったらもっと自由な発想で素敵な結婚式になるのかも、
そういう出会いがあるたびに、じぶんのあたまの硬さを悔しくおもってしまいます。

でも結婚式って、どんなにセンスがある人が仕切っても、きっとそれだけじゃだめなんです。
自由な発想、お洒落な発想、そこに 来てくれるゲストの存在を見据えられていないと
絶対に素晴らしい時間にはなりません、断言できます。

ゲストはドレスやクロスの色だけを見に来るんじゃありません。
ネット上に溢れている外国のウエディングの真似をしてもそれは形だけ!
ただお洒落な空間、ただ素敵なコーディネート、ただ個性的な演出、
それだけなら結婚式じゃなくてもいいんです。
ただの見栄えのいいパーティです。

新郎新婦がゲストの存在を見据える。
これがいちばん大切なことなのに、言葉で言うほど簡単じゃないんです。
それをしっかりと理解してもらうためにいるのが、わたしたちプランナーです。

絶対にそのことを忘れたくありません。
この仕事を何年続けて、どれだけの新郎新婦さまと出会っても。

Posted in nina mariage, wedding diary