1st anniversary

nina
「やっぱりこれ以上に素敵な仕事は見つからない!」と
約1年の休業を経てウエディングプランナーに戻ることを決意し
1年前の今日5月23日、正式に nina mariage として立ち上げました。

フリーランスのプランナーというものにまだあまり馴染みのない長崎。

「1年後には1件くらい予約が入ってたらいいな~。」と、
仕事がなくても気長に頑張ろう!そうじぶんに言い聞かせていました。
できるだけ考えないようにしていたけど、本当は不安だらけでした。

そして6月、友人らの協力でこのHPが完成。
1ヶ月と経たずHP経由でお客さまからメールが届いたときには
うれしくてうれしくて、応援してくれていた友人や家族に
すぐに電話やメールで報告したことを覚えています。
それからは定期的にお問い合わせもいただくようになり
この1年で、10ものパーティをプロデュースさせていただきました。

1年経った今でも、不思議な気持ちでいっぱいです。

ウエディングの仕事は会場に所属しないとできないとおもっていました。
個人で働くなんて、飛び抜けた才能や手に職があるひとしかできないとおもっていました。

でも、ちがって。

会場にいなくても、才能や技術がなくても
じぶんの仕事に真剣に向き合ってさえいれば
その気持ちを受け取って、信じてくださる方がきちんといるんです。

まだ悔しい思いをすることも多いです。
まだ納得のいかないことも本当に多いです。
不透明に高額なブライダル業界に対して悪印象を持っている人はとても多く
プランナーなんて、という言葉を聞くたびに悲しくもなります。

だけどいつか理解してもらえると信じて。

「ふたりはどんなひと?」
「ふたりが夫婦になるってどういうこと?」
「ふたりが結婚できてうれしい気持ちをどうしたら伝えられる?」
それをふたりのそばで一生懸命考えて、表現できる方法を探していること。
それは既存のブライダルビジネスとは全く違うものだということ。

賢いやり方ではないかもしれないけど
じぶんが「やるべきだ」と感じた方向に、2年目も、進んでいこうとおもいます。

Posted in nina mariage