10.13photo報告



熊本からフォトウエディングをお申し込みくださった
穏やかな雰囲気が素敵な竜也さんと真希さん。

「こういう風に!」とはっきりしていた真希さんのイメージと
わたしのアドバイスをMIXし すこしだけ個性的な和装撮影からスタート。
緑色の掛下はオリジナルカラーで製作していただきました。
いつも新郎新婦さまの希望に全力で寄り添ってくれる
ヴァンクルールさんには頭が上がりません( ;  ; )



眼鏡橋では朱色の鹿の子の掛下で、正統派花嫁に。
こっちもすごく似合ってて、本当に両方してよかった・・!!



ドレスは、Instagramで見て一目惚れしたと言ってくれた
ニーナのヴィンテージドレスを着てくださいました。
ピンクベージュのやさしいコットンドレスが色白な真希さんにぴったり。
竜也さんもカジュアルなスタイルで力の抜き方がとっても上手!
ふたりとも本当にお洒落なんです。



グラバー園を舞台に、たくさん長崎らしい結婚写真を残しました*

真希さんが学生時代を過ごした「第二の故郷」長崎。
でももしかしたら、偶然ニーナのことを知っていなかったら
「長崎で前撮りをしよう!」なんておもわなかったかもしれません。
そうおもうと余計にこの日長崎でふたりの撮影のお手伝いができたことが
本当にありがたいしうれしいことだなっておもます。

竜也さん、真希さん、本当にありがとうございました!
結婚式準備のラストスパート、頑張ってくださいね。

Posted in photo plan, today's works