11.24wedding報告



裏表がなく物事をまっすぐに考える裕章さんと
しっかり者でまわりのことを思いやる友理絵さん。

打ち合わせではふたりもわたしもいつも笑ってばかり。
結婚式も笑ってばかりの楽しい1日でしたが、そんな結婚式をご紹介します。


挙式は国宝の大浦天主堂にて、神聖なカトリック式を。

わたしは残念ながら披露宴会場の準備で立ち会えませんでしたが
この日はとてもお天気が良かったので、きっと
ステンドグラスから差し込む光が綺麗だったとおもいます。


披露宴会場は、悩んで悩んで決めたANAのレストランにて。
ここにたどり着くまでふたりとたくさん相談しましたが、
ここにしてよかったなぁと心からおもいました。

ふたりが新居で使っているカリモクのソファを持ち込み
ゲストの皆さんとの間に隔たりを作らないスタイルに。



自由な雰囲気で 入場から盛り上がった披露パーテイですが
いちばん盛り上がったのは、なんといってもまぐろ入刀!

このあとこのクロマグロを使って、
握り寿司のライブパフォーマンスを行うのですが
そのときのBGMは「お魚天国」「寿司くいねぇ」。

あれ?お洒落なレストランウエディングのはずだよね…?と
披露宴中にひとりでニヤニヤしてしまいました。笑

・・と、笑いあふれる披露宴ですが、
最後にはしっかりと大切なひとたちに感謝の気持ちを伝えて
みんなの心にいろんな想いを届けたふたり。



実はわたし、最初のメールの時点で友理絵さんのこと好きでした。
刺繍ワークショップやお話し会で会った時もおもいましたが
やわらかな言葉使いや心遣いが素敵で、すごくいい子だなって。

そしてそんな友理絵さんが連れてきてくれた裕章さんは
第一印象はちょっとつっけんどんだったけど、まっすぐで優しい人。
表面上の言葉で飾らずに想いをきちんと伝えてくれる、信頼できる方でした。

ふたりの夫婦としてのバランスがとても好きで
打ち合わせがいつもとても楽しかったです。

結婚式のことを真剣に考えてくれてありがとう。
泣いて笑った結婚式の日が、これからのふたりの糧になると確信しています。

パエリアパーティ、楽しみにしていますね。

Posted in today's works