5.18wedding報告



音楽と古着を愛するふたりの ちいさな結婚式。
出島内外倶楽部レストランを舞台に、
たくさんの感動とたくさんの笑顔が溢れる1日を過ごしました。



途中で自由にレコードをかけてわいわいと。
ふたりの結婚証明書も古いレコードでした。
週末に大切な人と食べる「ウィークエンドシトロン」で
デザートビュッフェをして楽しんだり 音楽を楽しんだり
まるで本当に、みんなで食事を楽しむ週末のような穏やかな結婚式。

そして披露宴のラストを締めくくる
花嫁さまからご家族への心を込めた手紙や
新郎さまやお父様のスピーチは本当に素晴らしいものでした。
私も、司会をしながら涙を止めることができませんでした。
この場でこのご家族と時間をともにすることができて本当によかった、と。


残念ながら、朝から雨が降ってしまったこの日。

ですが いざ結婚式が始まると 雨が小雨に変わり
みんなで外に出てわいわいと集合写真が撮れました。

その光景を見ながら、花嫁さんからの最初のメールを思い出していました。
「映画『アバウトタイム』のような結婚式にしたいんです」
それはまるで、雨の中だけどみんなが心から笑っていたこの日のことのようでした。

結婚式のメインのお花はスターチス。
花言葉は「変わらない心」「記憶」です。
まるでレコードのように、ずっとふたりが
この日の日のことを覚えていられますようにと願いを込めて。

Posted in today's works