流行りの歌のような、駆け抜ける春。

世の中のなにもかもが大変な時に
こんなにもいそがしいことは本当に有り難く
駆け抜けていながらも
ひとつひとつ壊れもののガラスのように
大切に大切に抱きしめる日々です。

今、投げかけられるたくさんの不安に
答えなんてひとつも持っておらず
一緒にひとつずつ考え抜くしかなく。

このままでいいのか。
なにが正しいのか。

答えは出なくとも
この仕事への愛だけを言い訳に
もがくしかないんだろうな、とおもいます。

残りの春も 駆け抜けましょう。

Category

Archive